今週の自戒 の記事

昔の【客】と今の【客】時代の変化を感じます。当たり前ってないですね。


2019年 11月 11日

伊達政宗さんの五常訓、 今の時代にも大切にしたいと思うところ。 ただここにある【客】の意味が現代とだいぶ違う気がしました。 写真の 『元来、客の身になれば好き嫌いは申されまい。』 現代では客は言いたい放題。。。。 この【 […]

迷信も信じて継続すれば確信へ


2019年 11月 04日

・茶柱が立った ・流れ星に願い ・四葉のクローバー ・一富士二鷹三茄子 良い意味での迷信を小さい頃から聞いてきました。 しかし全て他人事みたいなことばかり。 【自分ごと】にした瞬間に【迷信】が【確信】に変わっていく。 イ […]

【天ぷらうどんの原理】にビックリ、人生の本質を学ぶ


2019年 10月 28日

先日、IT企業をいくつか経験し、 起業して1年ほどの方とお会いしました。 現在はITとは程遠い夢ある事業を展開中。 印象的なのは終始ニコニコしての会話。 楽しいから楽しい。 周りの方々をも楽しくなる波動が溢れている感じ。 […]

あやまちは人生を決めない、その後が大切です。


2019年 10月 21日

『あやまちは人生を決めない あやまちのあとが人生を決める』 ほんとそうだと思います。 思っていると先日対照的なことが起こりました。 過去のあやまちに上塗りに、上塗りを重ねているお話し、 今どきそんなことも? 驚きを通り越 […]

秋の夜長、月明かりを楽しみつつ【残心】を活かしたい


2019年 10月 14日

ひらがなだとイメージが湧きづらいですね。 『月影の いたらぬ里は なけれども  眺むる人の 心にぞすむ』 法然上人 月の光が届かない人里はないが、 月を見る月明かりを楽しむ、楽しめるのは その人次第というところでしょうか […]

これからの無敵とは?競合って言っている時点でもう過去のお話。


2019年 10月 07日

仮想敵とか、競合って言っている時代は もう過去のお話にしないと。 自社のいる業界、それすら垣根がなくなって久しい。 同業他社を敵とか言っている場合ではない いかなる業界でも。 個人の世界でも全く同様に、 どこかの会社にい […]

「ぶれない」「群れない」「付和雷同しない」そして幼心を忘れない


2019年 09月 30日

人生の半分を過ぎて早、何年?上手に老いていけているか?判りませんが達人を目指して行きたいと思っております。 先日、私からすれば同年代でありながら達人と尊敬している方と話している時、『杉浦さん、雇用って何でしょうね?』と唐 […]

信念をもって前に進む大切さを学ぶ機会がありました。


2019年 09月 23日

先日大手財閥系社長さんが本部長を兼ねる部署の方々にお会いさせて頂きました。 旧財閥系や独立系がひしめき合うその業界の中で以前からひと味違う動きをされていると見ておりました。 お会いして、先様からもひと味もふた味も違うお話 […]

苦だけでは面白くない、苦と楽を共(友)にセットで活きたい


2019年 09月 16日

【思うようにならんしくみを苦と名づけ】確かにそうだと思います。でもその後に、【楽を共(友)にを忘れずに】と続けたいと思いました。仕事や、人生においても、人間関係においても思うようにならない毎日。それを【苦】と片付けてしま […]

傷つく、傷つける、その前に大切にしたいと思う事


2019年 09月 09日

最近傷つくとか、貶められたりとか全くない毎日を過ごせていることに感謝しています。この【傷つけない】の文面を見ていてあらためて感謝の気持ちが湧いてきます。 人格を高めるそこにも大いに同意です。でも何か足りないそんな気もしま […]