杉浦 佳浩 オフィシャルサイト

ご縁結びのコーナー第30回 K&Pパートナーズ株式会社Founder 代表取締役 松村 伸也様

2017年07月13日

日々お会いしている、大企業や中小、ベンチャー企業の経営者の皆さんに、
本日ご紹介のK&Pパートナーズ社をご紹介させて下さい!
とお伝えしますと、『うちは投資会社は要らない』とか
『上場しているから関係ないですよ』とか
『上場を狙っていないから紹介不要ですね』等々ご返事を頂くことがあります。

 

その最初の入口から、【普通のベンチャーキャピタル】との違い、
普段は関係が無さそうな大手企業・中小企業、
スタートアップ企業や時にはフリーランスの皆さんまでに、
なぜ、今回のK&Pパートナーズ社のことを伝えているのか?
どんな活動をされているのか?
また私が、多くのベンチャーキャピタルの皆さんと
お付き合いがあるにも関わらず、
なぜ、K&Pパートナーズ社に参画し、
【ベンチャーパートナー】にしていただいたか?
一度キチンとお伝えしたいと思いました。

 
 

★珍しいベンチャーキャピタルとして起業〜代表松村さんとの出会い
 

ご紹介は、ブリリアントソリューションの黒田さん。
『絶対に気が合うから!』とご紹介を頂いたのが、
今から3年半前の2014年の1月でした。
最初に、ベンチャーキャピタルを自身で立ち上げた話をお聞きし、
ビックリ!私が元お世話になっていた会社子会社の、
三井住友海上キャピタル、銀行系、財閥系、IT系、CVC系等々
いろんなキャピタリストにお会いしてきましたが、
自分たちでリスクを取りベンチャーキャピタル立ち上げたことに驚き、
敬服しました。
しかも全員が30代。
 
K&Pパートナーズ株式会社1
 
 
松村さんは大学を卒業後に新卒で、日本アジア投資株式会社に入社され、
国内旗艦ファンドや大手コンサルティング・地銀との
共同ファンドの責任者として投資業務を遂行。
最大180社のポートフォリオをチームにてマネジメントし、
製造・サービス・不動産・ICT分野など、
多業種の投資育成活動を行っておられ、
2013年3月退職後2ヶ月後の2013年5月に起業されました。

 

松村さんとお話していて、一番共感しましたのは、2点。
・投資ノルマという概念を排除した
・東京一極集中はしない
この点です。
投資側としての無理した投資ノルマも無くなることで、
投資を受ける側も不幸にならない。
当たり前のこの言葉を最初から排除されていることに感銘を受けました。

 

起業したばかりのベンチャーキャピタルであれば投資活動を東京集中すれば、
事業の効率も図れ、【まずは東京で】と思いますが、
最初から地方も視野に入れて活動されており、
私も関西の起業家を相当数ご紹介させて頂きました。
結果、株式会社リグアに最初に投資いただき、
現在は社外取締役にも就いて頂いています。
(ご参考に株式会社リグアのHPはこちら)

 

松村さんからは、今年の3月に上場された、
(株)うるるの星社長をご紹介いただいたり、
多数の起業家をご紹介頂いている状況に感謝あるのみです。

 
 

★【無償の出会い創出】に最大限注力している
〜ベンチャーキャピタルの新しいカタチ
 

前述に共感しました点以外に、K&Pパートナーズ社が
会社を上げて一番注力していること、
そこは今までのベンチャーキャピタルの仕事でもなく、
しかも【無償】で見返りを期待せずに経営資源を投下していること、
そこにもっと興味が湧きました。
この部分が、冒頭にお伝えしました、私がいろんな企業の皆さんに、
K&Pパートナーズ社をご紹介している際に、
【お門違い】の返答いただいているお話に繋がります。
 
K&Pパートナーズ株式会社2
 
 

投資スタンス、ベンチャー企業のステージ等々さまざまな理由で、
ベンチャーキャピタルが投資に至る確率は必ずしも高くない。
松村さんはその投資に至らなかったベンチャー企業に着目。
【袖すり合うも他生の縁】の感覚を大事に、
この縁をもっと自分は大事にした方が良いのでは?
ひょっとしたら、先々、自分たちが投資したベンチャー企業と
事業連携が出来るかもしれない。

 

今までの経歴で培った、共同ファンド立ち上げてきた、
提携先や、事業アライアンスを組んできた大手企業等々と、
この投資に至らなかったベンチャー企業が手を組めるかもしれない。
そういう【縁】を大事にすることに注力されています。
大義、意義を持って、【ベンチャーマーケット活性化の取り組み】
を行っています。
この部分に松村さんと出会ってから大きく力を入れていました。
投資対象候補をご紹介する以上に。
ベンチャー⇔K&Pパートナーズ⇔大企業(中小・ベンチャー)
この連携を加速し、事業機会を創造されています。
まさに未来を見据えた【未来投資】に私には見えました。

 

この【繋ぎ】には、月に数度の【事業提携ニーズ】のメール配信が
大きな役割を担っています。
累計70回を超えるメール配信とお繋ぎ回数は累計900回を超え、
毎日のように【出会いの場】を創出されています。

 
 

★楽しいメンバーの存在キャピタリスト〜ベンチャーパートナー
 

リスクを取って起業した松村さん、その相方として、
神尾さんの存在も大きいと思います。
情熱型の松村さんに冷静な対応の神尾さん、良いコンビです。
大手企業との橋渡しもかなりご支援いただいています。
投資先の内務の支援~K&Pパートナーズの守りの部分を大きく担う鈴木さん。
そのパワー溢れるところは、お仕事以外の登山家としても発揮されています。
強靭なパワーで同社を支えていらっしゃいます。
このメンバー3人が日本アジア投資の中心メンバーです。

 

もうお一人日本アジア投資ご出身、森さん。
最近は新しい道を切り開きキャリアカウンセリング世界、
研修事業を立ち上げられて独立されました。
新しい仲間として、【ベンチャーパートナー】の制度を昨年スタート、
私の参画少し前に、イシン(株)出身で起業した中根さん、
監査法人出身の岡田さん、串田さん、
日本アジア投資、リクルートを経て起業した足立さん、
博多でご活躍の前田さんが参画しています。
 
K&Pパートナーズ株式会社3
 
 

5期目を迎えた今年、仲間を益々増やされ、
ベンチャーマーケットを活性化されていかれると確信しています。
私もご一緒してまいります。
(K&Pパートナーズ株式会社様のHPはこちら)

 
 

※このコーナーは、お世話になっている、
ブレイン・サプライ社が毎月発行している【ブレイン・サプライ通信】に、
私が日々の出会いの中で、仲良くして頂いております、
企業様、経営者様について話題をお伝えするコーナーである
【今月の縁結び】と連動している企画です。
内容に若干不明な場面もあるかもしれませんが、ご容赦下さい。