杉浦 佳浩 オフィシャルサイト

ご縁結びのコーナー第33回 株式会社C-mind 代表取締役虎 石克様

2017年10月12日

まだ私がサラリーマン時代、会計士の壁谷さんから、
是非紹介したい経営者がいます!と御声掛け頂いて
お会いしたのが今回の虎石さん。
たしか2014年3月だったと思います。
当時はまだ28歳になったばかりでしたが、人を引きつける魅力と
エネルギーに驚いたことを新鮮に覚えています。
 
お会いして3年経過して、グループ会社も4社になり、
グループ全体直近で120名を抱える大所帯になっていらっしゃいます。
31歳で正社員の数が100名を超えて、
社員、社員の家族の皆さんを支えつつ、
会社を引っ張っている虎石さんについてお伝えしたいと思います。
 
 
★スリホっていい名前ですね!
 
3年前にお会いした頃は、【スリホ】の事業を展開し始めたところ。
【スリホ】ってなんですか?と私がお聞きした際に、
『刷り放題のプリンターの定額レンタルサービスなんですよ、
ですから、スリホなんです。』この説明に、
『名前が良い!判りやすい!』とお答えしました。
ネーミングって大事ですね。
 
『商標は?』の問いにも、即座に『取得済みです!』と
抑えるところもキチンとされている。
28歳になったばかりなのに、勢いだけではない御仁と思った次第です。
 
cmind1
 
今では上場会社も利用する、虎石さんの会社の中でも
大きな事業の柱となっています。
(スリホに関する詳細はこちらをご覧ください)
 
 
★厳しい時期を2度乗り越えて
 
私が出会った頃は丁度過渡期で、今までの高収益だった事業が
先々厳しい状況になると予見し、リスクを承知で、
思いっきり人員配置をシフトしようとされているところでした。
起業して2度の危機があったと話す、虎石さん。
 
まず1度目は、起業最初の年。全く軸がない、判断基準もない、
何をするという明確なものも無かったそうで、
まさに『何をやろうか?』の起業だったそうで、
【アプリ開発】、【広告代理店の営業代行】、【イベント企画】、
とバラバラな事業に手を出し、アッという間に資金も底を突き、
倒産まっしぐらへ。
 
カッコイイことを追求していれば起業家になれるという
幻想の世界に気付き、【電話回線の訪問販売】という一番キツイ、
厳しい事業に集中し、安定的に収益が確保できるようになったそうです。
回線会社から、いつしか表彰されるくらいの優秀な
販売会社になっていかれました。
 
2度目は、その回線会社の販売戦略が変更となったこと。
手数料体系が一気に崩れはじめる予見を虎石さんは早めに察知して、
【販売代理事業】ではない【自分たちのオンリーワンサービス】を
早く確立していきたいと思っていました。
 
そこで、出会ったのが、プリンターの刷り放題ビジネス。
既存の“1枚いくら“の従量課金、簡単に解約出来ないリース契約、
複合機やプリンター業界の“機械販売で儲けるのではなく、
月々の使用料、ランニングコストで儲ける仕組み”に疑問を感じ、
OEMで提供してくれるインクメーカーを全国を走り回って探し出し、
直談判し、調達コストを下げ、【スリホ】の可能性を見出すことに成功し、
そこに人員を一気に投入し成功に導きました。
 
あのまま回線の販売代理店をどうなっていたか?
当時の同業他社で専業としていた先は、殆ど倒産していったそうです。
この経営者としての機転、判断は素晴らしいものと感じ入ります。
 
 
★30才社員100人を超えても全くへっちゃら???
 
今まで、【虎石】という名字の方にお会いしたことはありませんでした。
皆さんも御存知でしょうか。親鸞上人と深い関係があるそうで、
【親鸞上人虎石】と検索すると多数の情報や写真が出てきます。
由緒あるお名前ですね。
 
それもそのはず、虎石さんのご実家は新潟県上越市にあるお寺であり、
15代目であるそうです。
4人兄弟でいらっしゃり、ご自身以外は全員が国立大学に進学。
ご自分は高校を出て、ホテルマンになろうと思っていたそうですが、
ご両親から大学だけは行くようにと言われ、学費の安い大学に入ったそうです。
 
ただ、私立の大学に入学となり、親御さんからは
一切授業料や生活費の支援は無く、大学入学後すぐに社会人として自立、
自活しないといけない厳しい環境に。
これが今の虎石さんの経営者としてのベースになっているようにも感じます。
 
大学入学と同時に、成果報酬型、営業系のアルバイトに集中し、
学費と生活費は賄えた上に、一般社会人以上に収益を稼ぐ
スーパー大学生になっていかれました。
この頃には既に“ビジネスって面白い!“と感じはじめ、
ビジネス書を読んだり、起業している諸先輩に相談したり、
次になにをするか?と考えるようになり、営業の仕事から
人材派遣の会社のインターンとして働くようになったそうです。
 
cmind2
 
最初は派遣実務を行うスタッフ、その管理者へ、
その後はイベントの企画、派遣会社の合同説明会の企画まで、
さらにその会社での新規事業の立ち上げも行う、
でも現役大学生という経験値。大学卒業後そのままその会社に就職。
 
新卒の時点で部下が100名を超えていたそうで、
その3年後には200名から300名の組織を運営するところまで
(この責任感は大きいですね)。
現在100名以上の組織となっていますが、
10年近く前には既に経験済みのお話。
100名の組織もこの若さでへっちゃらというのも頷けます。
 
 
★事業展開~今後そして人創り
 
私との関係性の中で一番大きな出来事は、
現在グループ会社の一角となっている【リーガル賃貸保証(株)】。
こちらも同社グループの収益の柱となっているのですが、
元々虎石さんから、『杉浦さん!事業展開の中で若くて動きの良い
弁護士事務所を紹介して下さい!』と依頼を受けて
紹介させていただいたのがキッカケ。
 
その弁護士事務所と密接な関係にあったのが、
この【リーガル賃貸保証(株)】でした。
賃貸物件を借りる際に必要な【保証人制度】。
ただ都会の一人暮らしも増える中、
保証人がいない賃借人も増えている現状。
 
これを解決するために設立されたものですが、
この会社の前経営者さんが私の懇意な方であり、
虎石さんとお引き合わせした後に、この会社を実は無償で
譲渡されたという経緯があります。
それも、虎石さんの経営者としての資質に
惚れ込まれた結果と思う次第です。
このように、社内外にファン化が進む、虎石さん。
 
cmind3
 
近い将来には、1,000名規模のグループを組成したいと考えています。
その先には、株式公開も視野に入れて。
『折角東京に出て来て、事業で勝負している。
50歳や60歳の経営者ではないので、ドンドン攻めていく経営に
チャレンジしていきます!』と元気に語って頂きました。
 
企業理念である【-ヒトを想い、ヒトの力で、ヒトの未来を
-人密着型企業】として益々将来が楽しみです。
その先にあるのはコーポレートスローガン、【世の中を、フラットに。】
今後の大きな展開を見守りたいと思います。
(株式会社C-mind様のHPはこちらです)
 
 
※このコーナーは、お世話になっている、
ブレイン・サプライ社が毎月発行している【ブレイン・サプライ通信】に、
私が日々の出会いの中で、仲良くして頂いております、
企業様、経営者様について話題をお伝えするコーナーである
【今月の縁結び】と連動している企画です。
内容に若干不明な場面もあるかもしれませんが、ご容赦下さい。