杉浦 佳浩 オフィシャルサイト

ご縁結びのコーナー第七回 サウンドプラン

2013年10月21日

今月はいつも親しみのある笑顔で接していただいている迫中さんが経営されている【サウンドプラン】さんをご紹介します。

328731_160876977353555_1684669138_o

まずは迫中さん。
最初にお会いしたときに、『鹿児島ですか?』の問いに。
『親がそうです!』私にとっても第二の故郷、鹿児島。
そこからのご縁のスタートでありました。
真っ黒な顔に、白い歯!
いつ寝ているのか解らない!
この二つが大きな印象。
現場~事務仕事、幅広い企画と
仕事に奔走しながらも、人付き合いも真剣。
朝早い会合から夜遅くの社長同士の交流。
土日なく、社内外会合、業界イベント~家族サービス。
よく倒れませんね。が率直な感想です。
経営者仲間の皆さんから 迫中さん 2人説や3人説まで。
そんなスーパー振りから、【振り向けば 迫中!】と
呼ばれるまでに。
さらにこの行動 活動以上に凄いのが、その場、その場で
携わる場面での真剣さ。
時には、余りの真剣さに、周りの皆さんもついていけない程の熱さに。
私心もないところで、相手の立場を慮っての気合は
どこか薩摩魂を感じます。
学校を出られて、縁あっての不動産業界。
その中で、自分の役割、行く末を考え、
新規事業を提案。当時の社長からは『やらなくていい』の
反応も、『給料はいらないので!やりたい!』と
企業系専門であった不動産会社で、【住宅部門】を立ち上げ
どんどん業績を伸ばし、ついには既存事業の売上をはるかに上回る実績に。
部下も増え、ひとつの事業体として収益モデルも構築できたところで起業を決意されたのでした。
この新規事業の立ち上げは、20代でのお話。
既に起業家としての片鱗はこの時からであったと思います。
不動産会社を立ち上げ起業することになった迫中さん
一番大事にしたには、単純な右から左の売買で収益を
稼がない不動産会社の事業モデルを構築しよう考えたところ。
ハードのみに関わること。不動産事業の過去からの【当たり前】
そこからの脱却で何が出来るか?起業してからの事業については
会社の概要と共にお話したいと思います。
【サウンドプラン】について。最初に経営理念。
400934_305286446245940_1187465521_n
【全従業員の無限大の幸福を追求し、
         人類社会の発展に寄与する】
無限大!自分の可能性は無限大、仕事から得られること、関わることからの幸福も無限大、そう私は受け取っています。
さらに行動指針。
1230319_468282163279700_206166028_o
唱和されている瞬間に訪問させていただいた時、皆さんの真剣な声を忘れられません。
  1. 私たちは、常に明るく前向きで夢と希望を抱いて素直な心で勤しみます。
  2. 私たちは、小さな成功体験を積み重ね、大きな目標の達成に繋げていきます。
  3. 私たちは、良心を判断基準に、楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行します。
  4. 私たちは、誠心誠意お客様の期待を超越するサービスを実践します。
  5. 私たちは、人間力を高め続けるために、実心・実学・実践します。
  6. 私たちは、強烈な願望を心に抱き、有意注意に努めます。
  7. 私たちは、何事に対してもスピードをもって対応します。
  8. 私たちは、常に感謝の心を持ち、感謝される行いに努めます。
特に小さな成功体験の積み重ねこれがビジネスの王道だと。
迫中さんが実践していらっしゃる事業モデルについて 2つの柱について
579534_254735664634352_1963111597_n
①ショッピングセンターPM事業
大手の事業会社がプロジェクトマネジメントを行っていたショッピングセンターの運営受託を、一括で受託し、今までになかった、集客~イベント企画までを行うマネジメントで見事に収益を回復。大手ではなし得ない、手作り感溢れる部分、血の通う発想と実践から、噂となり、2番目、3番目の案件、そして今まで声の掛からない様な大型案件まで広がろうとしています。
②想いを繋げていく 相続ではなく想続コンサルティング事業
想続案件には必ず不動産の売買は付き纏うお話。しかし、相続は【争続】となりやすいもの。折角のご先祖からの大事な財産を、想いを繋げる意味で、士業のみなさんと組んでの【日本想続サポートセンター】を設立し、争いごとのない絆を大事にした活動を事業化されています。以下にサイトを。
http://www.souzokusupport.jp/
319784_213099615464624_1908056799_n

そのほかに、都会のオフィス物件の有効活用の【ルームシェアリング事業】や商店街活性化の事業、海外(香港)での子会社設立と、将来への基盤を智慧と実行力で実践されていらっしゃいます。

先月9月には梅田にオフィスを移転され大きく飛躍されることと思います。
いつも満面の笑顔に感謝しています。

ご縁結びのコーナー第六回 PAL

2013年09月13日

今月は不思議なご縁を感じる辻さん そして経営をされている
株式会社PALさんについて。

最初に辻さんとのお話を。
470442_366552236736890_239646213_o
辻さんが生まれ育った町→
私がついこの前まで10年ほど住んだ【森河内】
辻さんが住んでいる町→
私の実家から100mあるか無いかの【布施】
辻さんの会社の以前の所在地→
現在私が住んでいる町【大阪市西区】
辻さんの会社の現在の所在地⇔
私の勤務地と歩いて3分【大阪市中央区】

こんなご縁があるのかなと想うだけで不思議なご縁であります。

もう5年ほどのお付き合い。
330971_140566516051268_1797508058_o
【情報格差】の時代から【行動格差】の時代。この時代を【生ききる】【行ききる】こと、強烈なスピード感をもって毎日を過ごされていること驚くばかりであります。さっき、大阪? 東京? そして海外?へ。
『あらよぉ!』の一言で『ひょいひょいのひょい』の感じでビジネスに、そして関わっておられると言いますか、グイグイ引っ張っていらっしゃる起業家の世界組織のお世話で世界の経営者と交流されています。
仲良くすべきところは仲良く、しかし、日本人として忘れてはいけない部分、武士道の一端も持ちながら。
しかし それはあくまで【さりげなく】。
スピードだけあっても、タイミングを逃す方も多い中、神業か? 当たり前か?
絶妙のタイミング感、引き寄せ感。持っている感。
その証明が先日のヤンキーススタジアムで起こりました。
ビジネスで出張、NYへ。少し時間が出来た、ちょっとスタジアムへ。満員か?なんとかチケットが購入できた! ビールを買った! 席に着こうとした瞬間、バッターボックスには、『イチロー!』
次の瞬間、『ヒット!』全くなにが興っているのか、スタジアムのお祭り騒ぎ。
【4000本安打達成の瞬間】
狙って見に行けるものでもないですね。
この持っている感。そこここで今までお見受けしています。経営者には絶対に必要な素養と確信しています。
社会貢献にも意欲的に、経営者のみなさんと海外に小学校を建設し寄贈。簡単なコトではないですが。ここでも【さりげなく】。
601594_265273096913942_478304872_n
写真にもあります、(公益社団)難病の子どもとその家族へ夢を にも いつもいつも支援をいただきながら、『この団体に支援できることに感謝しています』と有りすぎの【男気】であります。この団体 http://www.yumewo.org/index.php の大住さんと共に感謝申し上げます。
辻さんが経営されている 株式会社PALさんについて。
217991_295927773848474_503123017_n
最初に、企業指針の中から。

一、謙虚である事に感謝せよ。
一、利他を持って、自立せよ。
一、愚直なまでに、探求せよ。
一、生成発展を解決せよ。
一、過去を尊び、今を憂いて、愛を継承せよ。

まずは【生き方】への言及。

過程ではなく結果を重んじる企業でありたい。目立たなくてもいい、「匠」であるならば!

痺れますね。

物流を基軸にそこから展開してのBPOサービス。
4つの分野でお客様と向き合っていらっしゃいます。

そのパフォーマンスを上げる事、Googleの活用!
物流と距離のあるITをいち早く導入へ。
803393_380131905428060_1593017486_n
http://www.pal-style.co.jp/movie/index.html

このITを武器に、物流業界に風穴をあけていかれること楽しみです。
世界を相手に大きなプロジェクトが控えて、いらっしゃいますが、
【志士の気概】 で突き進まれることと思います。

日本を、そして日本人を本当の姿に。
辻さんのこれからのご活躍が楽しみです。

微力ながらご一緒させていただきたいと想っています。

ご縁結びのコーナー第五回 エイブルワーク

2013年08月20日

今年の暑い夏にぴったりの熱い、暑い、篤い方である、佐藤さんが経営をされている、エイブルワークさんをご紹介したいと思います。最初に創業者である佐藤さんの人となりと関係について。

229663_569490993083358_2099625174_n

佐藤さんとは、6~7年ほどのお付き合いか?最初、ご紹介いただいたのは、大証(今は東証)の村田さんから『メッチャ熱い経営者を紹介するわ!』と。そこから、ただ ただ、もう数十年のお付き合いと思えるほどいろんな出会い、経験を積ませていただき感謝するばかりです。ここ最近は、わたし個人と言うよりは、私の勤務先全体がお世話になっている感じ。この場でまず御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございます。

佐藤さんの生い立ちと私の想いを。
DSC_0077
高校生のときに、経営者になること決意。そこから何が必要か?どこで勉強するか?を考え、神戸大学の経営学部に入学。初志貫徹の方だと思います。実際、高校の先生から絶対神戸大学は無理と言われながらの合格。意志の強さはもう既にこの頃にはお持ちであったと思います。
大学に入ってすぐに。『人生は、出来るか出来ないかではなく、やるかやらないか』、学生ベンチャー企業にすぐに関わりだし、最初の【師匠】の方から叩き込まれ、2日、3日寝ないで仕事をしていても、そこからミナミに繰り出すような毎日でもヘッチャラ!毎日が楽しくてショウガナイ。
創業は大学3年。当時大阪鶴見の【花の万博】のパビリオンスタッフの派遣の依頼を受け、今までお世話になった学生ベンチャーでは定款上も出来ない仕事から創業を決意。あっと言う間に売上も数億円となり、学生社長で頑張った分相応の成果も得る状況に。しかし、大学との勉強(経営学)と、自分の学生ベンチャーの違いに隔たりを感じ、これは所詮 【ごっこ】ではないか?と疑問を持つように。一度社会に出て自分を本当の事業家になるためには?
迷いも無く総合商社に入社を決め社会人へ。
※創業した会社は一旦お父さんに託して。
DSC_1255
商社に入社して、人の3倍の数字をやりきる!と宣言と実行。数字をたたき出すことが難しい分野でありながらも、既存の数字に頼るようなことなく、新規領域を自ら開拓。当時ありえないであろう、旧財閥の壁を越えての商談窓口の開拓まで僅か数年で成し遂げていらっしゃいました。他人や上司からの評価には全く興味も無く、担当タイムカードを定時に押し、残業代なしで、いろんな専門学校に通ったり等々、勉強にもチャレンジと破天荒な会社員時代を過ごしていたそうです。
商社マンとして海外で活躍する! 社会人になりビジネスパーソンとしての明確な目標であった、①自分で商品を作る ②その商品でグローバル展開をする ③海外に事業会社を作る ④その会社を経営する それをいち早く達成され、異例の若さ、29歳でアルゼンチンで製造会社の経営を任されることに。この目標への必達力。最終的には600名を数える企業経営者に。
アルゼンチン1年目で試練が到来、国がデフォルトする、しかしお客さんからの発注は相次ぐ。日本の国からの支援は全くなし。そんな中、資金繰りに奔走、従業員からの給与カットの申し出、お客さんとの信頼関係の構築と、30歳の若さで髪の毛は真っ白に、胃に穴が2つ開くほどの状況で、突っ走り続け、気付けば、商売敵はほとんど倒産へ。自社が3年でトップシェアになるまでに。その頃、日本への帰任命令を受け帰国へ。
帰国後、会社に、事業再生の仕事がしたいと申し出るも、そんな仕事はさせられない!と却下。そんな時、自分が創業して、父上に任せていた会社も紆余曲折あり、他人が経営していた会社が、債務超過であり、3億6000万円借金を背負い自分で再生の道を。まさに火中の栗を拾ったお話。家も車も全て処分、この会社に傾倒して見事実質無借金へ。
とここまでの苦行と言える様な連続、避けて通ることが【普通】であることをすべて受け立ち、実践・実行し解決する強さを持った方であると思います。
ゆとりが大事と言われて久しい世の中で この自律と自立双方を徹底されている山伏か修行僧の様な経営者です。ただ涙もろいところも多分にあることも申し添えます。
佐藤さんの会社とその未来について
大学時代に学生派遣をしていたその後。メーカー系の人材サービス企業に事業が転換していて、外部環境(法律変更と経済環境)にあまりにも影響を受けやすい状況から次の柱を模索、検討し、人材サービスで培っていた、人事の仕事へフォーカスしていくようになりました。その構想段階の頃 私と出会いました。
中小企業に人事部長はいない! 企業は人なり。でありながら、一番大事な人事がない、社労士は士業としての限界がある。世の中に、【人事屋】という事業がまず必要であり広めることが、日本の経営者、企業を元気にしていく!
複雑化、高度化する中での人事屋事業は、各社各様、経営者が違うことと同様に難しいものであり、横断的に見ている専門企業(エイブルワーク)の役割がますます重要となっていくことは間違いないと思います。

243042_462549147110877_2072473294_o

みんなの人事部!で【MINAGINE】人事労務サービス事業については以下のとおりです。ホームページから抜粋。

・人事制度設計

労務管理や経営戦略に対応した人事制度を構築する、人事のコンサルティングサービスです。評価制度や、賃金テーブル設計から従業員様へのフォローまで一貫してサポートいたします。

・給与計算アウトソーシング

給与計算、賞与計算、年末調整などの煩雑な業務を代行するサービスです。 管理部門のコスト削減や、労務管理のコンプライアンスの順守などに有効です。

・就業管理システム

自社に合わせたカスタマイズが可能なクラウド型の就業管理・勤怠管理システムです。 標準労働時間制、交替勤務制・勤務シフト制、フレックスタイム制、裁量労働制など様々な勤怠状況に対応できます。

・社員研修

描きたい未来に合わせ、様々な社員教育を行う出張研修サービスです。 新入社員から経営幹部まで、それぞれのポジションに合わせたテーマを設定し、研修させていただきます。

このサービスが大手社労士事務所でも担いでいただける様になり、今年後半から来年にかけて、全国に広がり始め、人事労務のTKCの様な展開に必ずなっていくように思います。

仕事をはなれると素晴らしい笑顔で迎えていただき、楽しい仲間や、やる気溢れる社員の皆さんともご一緒させていただいたり、お付き合いさせていただいています。先日は同社社員の仲川さんの結婚式にまでお招き頂きました。活気溢れるエイブルワーク、そして佐藤さんと長いお付き合いをさせていただきたいと思っています。

ablework-1b

みんなの人事部【MINAGINE】 | ASP型勤怠管理ソフト
http://minagine.jp/

株式会社エイブルワーク |  人事と労務のトータルサポート
http://www.ablework.jp/

ご縁結びのコーナー第四回 テイコク製薬社

2013年07月08日

私のこのホームページの写真をご覧頂き、実際にお会いした際、必ず一言、『ホームページより痩せていますね!』と仰っていただけること、かなりうれしく思っています。40歳半ばでの一念発起へ促していただき、ダイエットにトライアルを開始した後、その懇切丁寧なサポート、カウンセリングの結果、30㌔近いダイエット成功!それは今回ご紹介の株式会社テイコク製薬社の畠山社長様のお陰であります。私のダイエットに関することは以下をご参照ください。

http://yaseruzo.net/interview/sugiura.html

406125_344532555623182_375507899_n

このホームページ上では101㌔となっていますが、最盛期は110㌔レベルでした。もう今の内に痩せないと!頭で理解していても、納得し、行動には移せませんでした。『チャーチルは太ったままでも大往生した!』となにか自分自身に意味不明な言い訳があり、ダイエットは失敗の連続。

今から4年ほど前に周りの仲良し経営者の皆さんが痩せていかれるのを見て、『なぜ?』と思っていましたら、それが【テイコクダイエットスクール】でありました。畠山社長様から『一度 会社に!』ということでお伺いし、体重~体脂肪 その他いろんな角度から計測をしていただくと、なんと脂肪の重さだけで36㌔! 脂肪のリアルな模造品(重さ1㌔)を手に取り、これが36個分か!と意識にしっかりインストール出来、必ず痩せよう!とそこからテイコクダイエットスクールに入校し、約半年で20㌔のダイエット、スーツや普段着も全て着るものが無くなりました。

この場面は会社紹介コーナーですが、まずダイエット成功に、感謝をお伝えしたいと思います。ありがとうございます。

テイコク製薬社のホームページは以下です。
http://www.teikoku-drugstore.co.jp/teikoku_yakkyoku_towa/teikoku_yakkyoku_towa.html

565489_374125142695403_1333698684_n

☆ テイコク製薬社について
「己を愛するごとく病人(やみびと)を愛せ 欲をなくして親切をつくせ」とHP冒頭にあります。創業 大正10年。当時 帝國と社名に名づけることがある意味ブームであったと聞きますが、その名前に恥じないように事業を継続していくこと並々ならぬものがあったと思います。現在創業92年。
262742_342245625883355_1658702423_n
その上に畠山様と二人の写真にあります【帝國製薬社 十戒】
これが素晴らしい!下記に。
  1. 親切と正直と努力は最善の商売道である。
  2. 商売の繁栄は其の日其の日の奉仕の集積である。
  3. 時間を厳守すること。時を浪費するものは自ら墓穴を掘るものである。
  4. 今日の仕事は必ず其の日に片付けること。明日に投げやる人は凡成功に遠ざかる人である。
  5. 事業は人格の反映である。人格の無い仕事に完全のものなく発展も光明もない。
  6. 広く知識をもとめ、取扱い商品に自信を持つことは販売員として、信用を得る上の必須条件である。
  7. 人間の智慧、力は無限のものである。人間として正しいことを正しいままに貫く生き方がそれを無限にする。
  8. 善きことを思い善きことを行えば、善きことが生まれ、悪しきことを思い悪しきことを行えば悪しき結果が生まれる。
  9. 精神の修養をせぬ人や信仰のない人は識らず知らず悪いことを考えたり、良くないことを云うたり、間違ったことを行ったりする。
  10. 信仰を持ち、修養のある人は、之を警戒し常に正しきことを云い正しきことを行わんと力めて行く。
今にも通じること多く、現代人が見失っていることもあるように思います。
http://yaseruzo.net/interview/sugiura.html
457548_364988926910878_861656467_o
☆ テイコク製薬社 畠山社長様について
一般的に歴史ある企業で3代目と言えば、順風に乗って経営をバトンタッチとなるのでしょうが、全くそんなことはありませんでした。詳細は語られませんが、逆風に次ぐ逆風。そこで経営者として何が大切か?従業員という財産が一番。そこを一義に経営をされています。いつお伺いしてもみなさん良い笑顔で、風通しのよさを感じます。
社外においても、面倒見良く、名誉職の会長でいらっしゃるのなら理解できますが、1000名近い経営者塾の代表世話人としても東奔西走、次代に繋がる、経営者排出に腐心をされています。日々の私心の無い活動頭が下がるのみです。
私の一言にも熱心に耳を傾けてくださり、【公益社団法人難病の子どもとその家族へ夢を】への支援を善意のカロリー運動として自社挙げての取組に組み込んでいただいています。この活動についてご自信も実践実行をしてくださっています。
http://yaseruzo.net/undou.html#givekids 
最近では 写真家の増浦 行仁さんをご紹介いただいたり、そのご縁で、今年、出雲・伊勢の遷宮に立ち会うご縁まで。

ここでは書ききれない、ご縁を畠山さまには頂いており、感謝するばかりであります。ありがとうございます。

多忙を極めていらっしゃり、50過ぎでまだまだバリバリだと思いますが、お体ご自愛を。

3857_351759681598616_117565016_n

ご縁結びのコーナー第三回 フロムファーイースト

2013年05月08日

いつも楽しく髪の毛ネタで皆さんからも喜んでいただいている、フロムファーイースト株式会社について今回はお話したいと思います。
今回は写真が一杯です。お楽しみに! 
http://ffei.jp/index.html

909174_396754637099120_822708846_n
☆フロムファーイースト株式会社 創業者の阪口さん
無から有を造る天才ではないか!と常に驚かされるばかりであります。
本来であれば大事な商売道具であるウィッグやエクステンションを私の頭に被せて、思いっ切り大笑いしながら、『おもろい!』を連発していただいています。若干、ブランドイメージを損なっているのでは!と心配しています。
最近では、自分自身も含め、フェイスブック上からも『最近 被っていませんね!』と被らないと気持ち悪くなる次第です。
248614_351823174925600_198858120_n
小さい頃はスポーツ少年。途中からは、芸術・音楽に傾注、
大学時代には、起業を果たして、フリーペーパーを創刊。
卒業後は1年だけ上場会社でCI(コーポレー・トアイデンティティー)の仕事をするもフリーペーパー発行でお世話になった美容室に役員として転職。経営全般を司り毎年、3倍の勢いで会社を成長させていったそうです。
役員として活躍している頃に、エクステンションの可能性を感じ取って、店舗展開ではなく、メーカー、ブランドの立ち上げに興味を持ち、自身で旧社名エクステンド社を起業。
ファブレス機能を中国の協力工場に置き、商品展開を行うという【持たざる経営】で会社を成長させ、エクステンション業界ではシェアNO.1となられました。
398879_267937699980815_1591918802_n
さらなる事業意欲も発揮、シンガポールに美容室を出店したり、経営者仲間と一緒に、飲食店をシンガポール空港に出店したりもされていました。
東京の青山、原宿等々の超一流のサロンの皆さんと仲良くされ、エクステンション以外にも、美容クリームの開発ほか、
世界でもトップレベルの皆さんにウィッグをカットしてもらう、【プラス・カット】を考え出した祭にはビックリしました。
ウィッグをカットしてもらう発想ここに行くつくところに阪口さんらしさがあると思っています。おもてなしの国を美容サロンに見出していると感じます。
今年に入って、新しい取組を開始。
年齢層を広げ、高年齢の方々にもおしゃれを気軽に!をコンセプトに【つむじウッィグ】を発売スタートしました。この商品の展開はかなりマーケット性もあり楽しみにしています。
さらに次の展開、そして海外も視野に入り、海外工場進出、次には販路を海外に向けて発信していかれると思います。
908893_400269213414329_1279149500_n
☆ 阪口さんとの思い出 
EOY(アントレプレナー オブ ザ イヤー)
2009年にhttp://www.shinnihon.or.jp/eoy/にチャレンジ
私が関西推薦部会にて推薦させていただきました。結果セミファイナリストに。次回は是非日本の日の丸を背負ってモナコで世界一を勝ち取っていただきたいと思っています。
393907_298141690293749_1697884006_n
☆ 企業活動と同様に熱心な社会貢献活動
公益社団法人【難病の子どもとその家族へ夢を】
http://www.yumewo.org/index.php
こちらの団体の立ち上げ時に 代表である大住 力氏を関西の経営者のみなさんでご支援を頂きました。
数え切れない皆さんからのご支援、その中で、阪口さんは、
おもてなしの国 日本で最高級である、美容サロンで、難病のお子様を持つ、ご家族を美容サロンに招待するプログラムを思いつきます。
すぐに行動を起こし、無償協力いただけるサロンさんの支援を取り付け、今も継続しご家族から感謝の言葉をたくさん頂いています。

楽しい笑顔が今後も継続していくものと思っています。いつかは専用ウィッグを作っていただけるように!

861936_387761531331764_141658065_n

ご縁結びのコーナー第二回 リグア

2013年03月12日

ちょっと間が空いての第二回目は、前回のワナビーズ高木さんのご紹介者であり、関西のみならず、最近では全国の方々からも注目されている、
株式会社リグア様についてご紹介したいと思います。

ligua

☆ 株式会社リグア 創業者の川瀬さん
今年で8年目のお付き合い、お世話になっている社外上司の
【玉谷さん】からのご紹介からスタート。
お会いした頃から、決算前後にお声を掛けていただき、決算見通し~新規事業、中期計画と、たしか守秘義務契約もなにも書いた覚えが無いな!と後から気付くくらい、会社の内実をお話いただいています。お話頂いたからといって、的確なアドバイスは勿論させて頂いたりした事はありませんし、指南なんておこがましいお話であります。
本気の事業家であり、起業家であるからこその、今を生き抜くことに集中し、魂から情熱が溢れ出す、どんな困難も勇気と智恵で乗り越える、そして敵も味方に変えるスピード感、まさに強烈であります。
その強烈さから、『杉浦さん ●●先生と仲良くなりました!』とびっくりするような方々ともご縁を築かれています。
若手経営者や学生まで面倒見がよく、会の立ち上げ、組成にまで関与されることも多い方です。
実際、ワナビーズの高木さんもインターンとしてリグアさんにいらっしゃいました。
☆ 川瀬さんとの エピソード
私が大阪に戻ってきて20年。単にサラリーマンとして勤続20周年。なにも役員でもありませんし、出世をしたわけでもない、そんな私のために、経営者仲間にお声掛け頂き、150名を超える皆さんにお祝いしていただきました。その発起人のお1人であり、何より当日のパーティの司会は川瀬さんでした。名司会に感謝してもしきれません・・・
リーマンショックで厳しい環境下、大阪の若手経営者の中でも重苦しいものがありました。そんな時、思いつきレベルと我がままから、比叡山の大僧正である酒井先生にご講演を!と先生にお願いしたのは良いけれど、段取り関係のほとんどを川瀬さんが仕切っていただきました。あの時集まってくださった300名近い経営者の皆様には心に響くお話であったと思います。当時のご講演の案内を見ると、川瀬さんに頭が上がりません。
私のホームページにも掲載しています。以下に。
http://100-dream.jp/images/yuusai.PDF
☆ 株式会社 リグアさんについて
川瀬さんの並々ならない情熱心から、そのビジネスモデルでは難しいのでは?と思ったこと何度もありますが、着実に形にされ、事業化、収益の柱に育てていらっしゃいます。
情熱心から、1を10に、10を100に、1000にされていく執念を感じます。
ここ2年ほどで、従業員数も倍々となられ、最近お伺いしても知らない方がたくさんいらっしゃいます。以前は社長席の横でいろんなお話をさせていただきましたが、各事業部には、それぞれ個性派の役員、リーダーが育っておられ、事業体としても安心感があると感じます。
http://www.seikotsu-info.jp/

今年10周年を迎えられるリグア社 益々の飛躍の年と思います。

522389_316807555093829_1403797225_n

(写真 左が川瀬さんです)

ご縁結びのコーナー第一回 ワナビーズ

2013年01月28日

早いもので2013年も1月中旬を過ぎ、巳年も始まったばかりですが、
私のホームページで『いつになったら工事中が無くなるの?』とよくお問い合わせをいただくのが、この【会社紹介コーナー】です。

そこでそろそろ、ボチボチ、スタート!ということで、これから不定期であったり、思い出したようにと、私と仲良くしていただいている企業や団体、【人】について、ご紹介をさせて頂きたいと思っています。

ワナビーズ1

第一回目のスタートを飾るのは、このホームページを立ち上げてくださった、【ワナビーズ】さんであります。

私は、この【ワナビーズ】さんの【代表世話人】を務めさせていただいていますが、特段は何もしていませんで、どちらかというと、
【世話を焼いて貰っている】のが正確なところです。【ワナビーズ】さんの紹介にあたっては、質疑応答調で。。。。

☆ いつからのお付き合いか?
もうすぐ3年でしょうか?
代表取締役の高木さんが起業する!といって友人2人と3名で事業を立ち上げたが、程なく離散。1人になったところで、たまたまインターンとして入ったのが、【リグア社】。同社社長の川瀬さんの紹介が最初です。
☆ 高木さんの第一印象は?
第一印象というよりエピソードになりますが、私が高木さんに
ある時、『打ち合わせをしよう!』と話すと、『はい!』

驚いたのは、私の前の席に座るのではなく、横に座ったのでありました!
思わず『君は私の彼女か!?』と言ったことを今も楽しく。
とにかく【素直】であり【ワクワク】感を味わうために頑張っておられます。

☆ ワナビーズについて思うこと 感じること
最初に起業して本社は大阪。そして1年で東京に本社を移転。
次は海外へと目指してワールドワイドに展開していく、スピード感は凄いの一言!
スピードだけでなく実力も着実にあると確信しています。
今5人の会社ですが、既に立派な番頭さんである、岡芹さんがいること。起業した頃から高木さんと6歳年上ながらリードしたりサポートしたりの活躍です。
第二創業から【仲間】に加わった人たちが素晴らしい。
大阪で最初に会社にお招き頂き、みんなで食べた【ハヤシライス】の味が忘れられません。
その頃からの光枝さん、橘さん、そして現在無くてはならない宮野さんの合流。
昨年秋から合流の黒川さん強力な布陣と感じます。
このメンバーに、ユニアースの阪上さん他、
外部のみなさんとの協働で、【ワクワク】するワナビーズをみんなで【ガシガシ】創造されると思います。
☆ ワナビーズに心配なこと!
高木さんの大学卒業

国内・海外でのビジネスを成功させ、是非期限内に卒業を!

ハードワークもほどほどに!

私も20代は無茶苦茶でしたが、
毎日早朝から遅くまでのハードワークたまには息抜きを!
特に岡芹さん体を労ってください。

これから、良い意味で目立つ存在になるワナビーズです。ご期待ください。

565628_359184254189492_1942289279_n