杉浦 佳浩 オフィシャルサイト

ご縁結びのコーナー 第23回 株式会社千年治商店 代表取締役 山野千枝様

2016年12月16日

<今年の 8 月に起業された山野さんについて>

 

大学講師として【後継者ゼミ】、事業承継、家業承継、長寿企業の哲学を教え、
日本のみならず海外にまで発信、ヘルメットが似合い現場に踏み込み
【ゲンバ男子】をスタートさせたスゴ腕編集長、と多彩な才能、
尖った感性をお持ちの方です。珍しい、異色とも言われる、
【行政情報誌 Bplatzpress(ビープラッツ・プレス)】(サイトはこちら)の
編集長として長年関わり、2,500社に亘る会社の取材を経験されました。

 

Yamanosan1

 

このBplatz pressとは、現在発行部数6万部(毎月10日発行)、
大阪市内の主要な地下鉄内に置かれているフリーペーパーです。
2年前には日経に(新聞記事はこちら)、
また昨年には NHKBS に(特集はこちら)、
さらに産経新聞では 5 回の特集として
(『ゲンバ男子に魅せられて』記事はこちら)、
メディアにも多数取り上げられています。

 

Yamanosan2

 

山野さんとは、3 年ほど前から、Bplatz press の発行元でもある、
大阪産業創造館(以下;産創館)の長谷川さんから、
この産創館では私が独立をした際からもお世話になっている次第です。
サラリーマン時代には、当時の同僚の女性社員から
『杉浦さんが知っている関西で一番頑張っている女性を紹介して欲しい』
と依頼があり、
社内の課題解決で山野さんにインタビューに伺ったこともあったり、
【ゲンバ男子】のお話を伺ったりと産創館を通して
お話をさせていただいておりました。
ですが、前述の通り、この8月に会社を興されたことで、
活動の領域を広げようとされています。
微力ながらお役に立ちたいと思っておる次第です。

 

<起業され今後の展開について>

 

Yamanosan3

 

山野さんの大事にされているテーマ「存続力は競争力」に私も共感しています。
事業の継続が如何に企業にとって重要か。
お客様、社員、その家族、その他関わる方々との連綿とする付き合い、
繋がりの継続が、やがて競争力へ。そして永続的発展へ。
サイト上にも、【千年治商店は、永続をめざし、今ある価値を深化・進化させようと挑戦する後継ぎ社長のために、「伝えてつなげる仕事」を通して、その想いの実現に貢献します。】とあります。

 

過去 2,500 社を超えるインタビューの中から、
また大学での後継者ゼミでの対話から、
何が大事か?何を変革し、護るか?を探り出していらっしゃいます。
経営者に会い、ゲンバに趣き、インタビューをし、
そこから見えてくることを価値あるカタチにする。
それが、山野さんがこれから注力されるだろう事業の根幹です。

株式会社千年治商店のHPはこちら

 

<山野さんの事業のご紹介>

 

社史制作サービス「THE HISTORY」について(ご案内はこちら
前述の、存続力は競争力、
そこで圧倒的な威力を持っている言葉→それは、創業者や先代たちの言葉。
会社の誕生〜歴史から、未来を創っていく。
そのために新しい社史制作サービスを始動されました。
人財の採用活動、社員の研修、取引先との関係強化、周年イベント、等々
事業活動において重要な場面に【見える化】出来るツールとして
この事業を社会のお役立ちとして展開されていかれます。
会社永続のために、これからの未来への一助になりますように。

 

 

※このコーナーは、お世話になっている、
ブレイン・サプライ社が毎月発行している【ブレイン・サプライ通信】に、
私が日々の出会いの中で、仲良くして頂いております、
企業様、経営者様について話題をお伝えするコーナーである
【今月の縁結び】と連動している企画です。
内容に若干不明な場面もあるかもしれませんが、ご容赦下さい。

 

ご縁結びのコーナー 第22回 株式会社グッドマネジメント総合研究所 代表取締役 加藤利彦様

2016年12月12日

<今年の10月に社名変更をされた加藤さんについて>

 

Katosan1

 

最初に、加藤さんと仲間の会社の株式会社グッドマネジメント総合研究所の
企業理念の【喜楽】についてです。
【喜楽】は加藤さんが自社は勿論、自分たちが関わる企業に、
日本中もしくは世界中の会社やその会社に集う人たちに
発信しているメッセージです。

 

『私たちは、私たちに関係するすべての方に喜んでいただきたい、
楽しんでいただきたいと考え、また私たちもその関係の中で喜びたい、
楽しみたいと考えています。
社会、会社、社員、顧客、個人などと区別をつけるのではなく、
すべての人との関係を大切にしたいと考えています。
その根源にあるものが【喜楽】だと考え、企業理念としています。』

HP より。

 

働く人々が
“活き活きし”“楽しく”“喜んで”“会社に集う”“組織運営が出来ている”
=【Good なマネジメントが出来ている】ことへの想いを
【喜楽】2文字で表しています。

 

 

<加藤さんとの出会いから、私とのエピソードへ>

 

Katosan2

 

加藤さんというと、いつも黒い服装であり、ご挨拶で手渡す名刺まで真っ黒。
若干、不気味な感じで、過去には東京からの客人をご紹介時に、
エレベーターが開いた瞬間に加藤さんが私に近づいて来られ、
その時の客人の皆さんがビックリして後退りされたこともあります。
その加藤さんとももう既に10数年のお付き合い。
当時は、ChatWork(旧 EC スタジオ)の創業メンバーであり、
役員としてお会いしていました。
その頃は、まだ超体育会系の会社で入社した社員がドンドン辞めていく中、
会社の運営体制をどうしていくべきかと、
社長の山本さん、加藤さんとで悶々とされている時代でした。

 

そこから、人事、組織運営の勧奨を担当する役員として、
加藤さんが現場運営を担当、その後に勝ち獲った
【社員満足度 2 年連続日本一】の礎を築くことになりました。
一般的な会社の働き方を大きく変革されたのも、
加藤さんや山本さんがそもそも就業経験が無かった事が
大きく影響していると思っています。

 

例えば、
◆名刺に電話番号の記載がない
◆会社に電話がない
◆10年以上前から専業主婦の社会復帰支援を行っている
■在宅ワーカーの働く場を提供してきた
■会社にフリーアドレスを取り入れている、等々、

 

今では当たり前のことをされたり、
困難な組織運営を次々取り入れていらっしゃいました。
2011年には、子会社社長として独立し、ITを活用した
組織の活性化に取り組むコンサルテイング会社、
ChatWork アカデミーを設立されました。
私がサラリーマン時代に関わらせて頂いた経験
(加藤さんと中央会計さんの主催【起業成功塾】に会社員の身分で講師として起用して頂いた)は本当に嬉しく、今の立場になる布石であったようにも思っています。感謝あるのみ。

 

記念すべき 16 回目の講師が私であり、
こちらがそのサイトです(お恥ずかしいですが)。
テーマは、【楽しい人脈成功術】でした。
この起業成功塾も 62回となり、加藤さんの社名変更とともに、
【ネクストステップ】と変更され、今年の10月からリニューアルされています。
こちらニュース記事です。

 

Katosan3

 

加藤さんの会社メンバーにも関係しており、私とのご縁で
3年前にジョインした中川さんは、
今では CCO(Chief Communication Officer)としてご活躍です。
その中川さんが最近ChatWork社のブログにもご登場されています。
ブログはこちら

 

まだまだ加藤さんやグッドマネジメント社とはかなり関係性は深いのですが、
この辺で。

 

 

<加藤さんの社会へのお役立ちについて>

 

Katosan4

 

冒頭にお伝えしました【見える化】の部分ですが、元々、旧社名時代でも、
組織診断から見えてくる企業の抱える問題を解決していく事業
を展開されていましたが、今年10月からは、さらに
企業、組織の【成長見える化プロジェクト】としてスタートされています。
これは、ITの力を活用して、従業員の意識調査の結果データを元に、
組織における情報共有、意思疎通、意識統一などの情報領域と、
戦略的人的資源マネジメントという制度や教育などを含めた
幅広い人材マネジメント領域の、この双方に関して経営資源における
情報と人財のトータルコンサルティングサービスを展開しています。
具体的には、私のご紹介でご縁がスタートした、ブレインサプライ社はじめ、
士業、コンサルテイング会社とも連携、組織構築、運営の
お役立ちサービスを展開していかれるとのこと。
お楽しみに。

 

株式会社グッドマネジメント総合研究所の HP はこちら

 

※このコーナーは、お世話になっている、
ブレイン・サプライ社が毎月発行している【ブレイン・サプライ通信】に、
私が日々の出会いの中で、仲良くして頂いております、
企業様、経営者様について話題をお伝えするコーナーである
【今月の縁結び】と連動している企画です。
内容に若干不明な場面もあるかもしれませんが、ご容赦下さい。