杉浦 佳浩 オフィシャルサイト

ご縁結びのコーナー第14回 株式会社スパイラルアップ 原 様

2016年01月24日

1月もあっという間に時間が経過し、もうすぐ2月に。

でももっとスピード感ある毎日を過ごしていらっしゃる

原さんを今月はご紹介したいと思います。

http://spiral-up.jp/index.html

 

褒めることが良いと言いつつも、しっかり叱る。それが無かったりして、

結局 甘えの構造となってしまっている会社さんも多いと聞きます。

ブラック企業だ!、パワハラだ! メンタル!と

企業経営者、現場マネージャーにとっても

本当に経営、チーム運営がやりづらくなっていますね。

そこを、徹底した現場力の経験値、心ある褒めて育てる

想いから、企業の皆さんにお役に立ちたいと、

日本のみならず、世界中を駆け巡っていらっしゃる原さんについて

お伝えいたします。

 

 

☆原さんとの出会いについて

 

「ほめシート」実践セミナー

 

原さんに最初に出会いましたのは、2013年10月でした。

たしか朝7時の朝食会で、この時に初めてお会いしたのが、

ブリリアントソリューションの黒田さんご一緒でした。

原さん、黒田さんにお会いできたこと本当に有難い出会いで

ありました。

この時に原さんから『これ読んで下さい!』と仰って頂いたのが、

【繁盛店のほめシート】でした。朝食会で若干眠気もあるのか?

と思いながら、カナリのマシンガントークが炸裂し、

今も『こんなに熱心な人は中々いない』と感じたこと鮮明です。

 

 

 

☆出会いからすぐに原さんのセミナーに参加して

 

出会いの翌月、大阪でセミナーがあるとお聞きして、百聞は一見に如かず、

参加させて頂きました。

 

この時に一番に印象に残ったこと。

売上とは【お客様から頂くありがとうの数と質です!】

最高ですね。まさに真髄だと思った次第。

その他のキーワードとして、

ありがとうの数と質が増えると売上アップへ!

◆これって!(売上アップ)
→簡単なんです!(最高でした!)

◆ほめる→甘やかす、おだてるではない。
ほめる→定義基準を明確に
しつけは厳しく妥協もなし。

◆なぜお客様は来てくださるか?→フォーカスすることの大事さ

◆自分で考えろ→できるはずがない→レシピをつくり、わかりやすく

→プロセスの明確化、ロジックツリーを日々の行動に落とせるように

 

3時間のセミナーでしたが、30分位の迫力でありました。

この日は、前日にアメリカから帰国されたばかりであったこと、

そんな疲れも微塵も感じなかったことも。

 

 

☆原さんと何か一緒に仕事がしたいと企みを

 

原様と

 

その翌月には、飲食業界にクライアントの多い、会計士の

廣瀬さんと如何に原さんとお仕事をするか、その方向性や

活動方法について、打ち合わせをさせて頂く場面も。

廣瀬さんもこの時に、原さんの人間力に魅了されていました。

この時にフェイスブックに投稿しましたの、原さんの

行動指針と想いです。

 

1.意志  2.行動  3.共感  4.言葉  5.焦点  6.仲間  7.家族
意志がある所に道はある

人生の焦点を合わし、一歩足を出そう。行動が感情を育み、

その感情が行動を加速させるのである。

徹底的にプラスの言葉を使うことにより、応援してくれる人脈が必ずできる。

自分の事だけ考えるのではなく、

人の痛みに共感できる人でなければ、生きている資格はない。

具体的に応援し合う仲間を作り、摩擦しながら共に成長しよう。

家族は、自分の血であり肉である事を自覚し、必ず幸せにするんだ。

そして自分自身が幸せになる道を走ろう。

意志をしっかり持ち、焦点を合わせて、走ろう。

幸せになると、成功すると決めて、突っ走ろう。

意志がある所に必ず道はある。

ありがとうございました!行動の量と質、そして瞬発力に脱毛です。

いえ 脱帽です。

と熱い想いで投稿させて頂きました。

 

 

☆原さんとの思い出話を3つほど
◆奇跡的な場面での電話

2014/6/3に、たまたま当時の仕事の関係で、鳥貴族の大倉社長様の

経営についてのお話を伺い、鳥貴族って素晴らしいな、と思っていました。

そのご講演の中でも登場されたいたのが、元鳥貴族専務の片岡さん。

私にとっては、幼稚園、小学校、中学校の先輩。その講演でお聞きして

懐かしいと思っていた時から5時間後に原さんから突然お電話を、頂き

『今 片岡さんと一緒なんです!』とビックリ!ひっくり返りそうでした。

 


◆想いある真夏の飲み会

 

鳥貴族にて

 

2014/8/30、この日は、鳥貴族さんが株式公開を果たした、おおよそ

2ヶ月後、かなり以前から、原さんが、大倉社長さん、片岡さんに

上場のお祝いを!と決めていた懇親会でした。ただこの4人での懇親会は

片岡さんの仕事上の問題でキャンセル。でも想いある、原さんから、

『折角なんで、杉浦さんと二人で鳥貴族へ!』ということで二人会を開催。

しかも、片岡さんにとって一番想いある【京橋店】へ。元々【鳥茶屋】で

あった内装が今も其処此処残っているところが懐かしい。

※鳥茶屋は私も未成年の時から通っていた、布施1号店、京橋2号店と

鳥貴族となる前に片岡さんが創業されたお店です。

 


◆最高の気遣いの場面に

 

皆様と

 

前述の2014/8/30に果たせなかった、懇親会を、翌年の3/21に。

お店に前もって連絡し、くす玉を持込、直筆で、

【鳥貴族 上場おめでとうございます!】と端正に書き準備万端。

皆さん揃ったところで、くす玉を持ち、歌を口ずさみながら

テーブルへ、そしてくす玉を引っ張るも開かず!

そんなアクシデントにめげること無く、場を盛り上げる気遣いに

原さんの優しさを感じ入りました。

一人の人間として尊敬、愛すべき方だと思います。

 

 

 

☆原さんの人となりについて

 

原様の人となりについて

 

ほとんど仕事の内容について書くことの無かったので、

ここから、原さんが推し進める【ほめ育】が素晴らしいのか?

も含めてお伝えしたいと思います。

大学を卒業して、食品関係の会社の営業に入社、そこから

大手のコンサル会社に転職、コンサルタントとして活躍するも

なぜか納得出来ない自分に自問自答。

『現場を知らないでなにがコンサルタントか?』

ということでいきなり、将来有望なコンサルタントの職を捨てて

ラーメン店の皿洗いとなり、いかに現場が大変か、お客さんと

向き合い、パートの方々、出入り業者の人々とコミュニケーションを

取り売上を上げることの難しさを肌で感じて徹底的に仕事に集中、

お店に寝泊まりしながら、睡眠時間も削り、休みもなく奮闘したそうです。

そこから1年で店長にまで上り詰められ、『これでコンサルタントとして

絶対お客様の為にやっていける!』ということで折角のラーメン店での

活躍も退路を一切絶ち、また独立を選び、

スパイラルアップを立ち上げられました。

このような経緯ですので、あくまで現場目線、お客様を大事に、

従業員(パート・アルバイト)を大事にほめて育てることを

徹底的に広める活動を推し進めていらっしゃいます。

 

 

 

☆最近のご活躍について

 

昨年原さんからお聞きして達成された大きな話題を2つ


◆ハーバード大学での講演を9月に

毎晩 睡眠中も英語の特訓を、勿論睡眠時間も削って

必死に全編英語のスピーチをハーバード大学にて開催、

見事大成功でした

 

◆人を褒めない国民性の中国でも大旋風に

大げさかもしれないですが、あの中国で、ほめ育が

大旋風に。私も原さんから、実際に、中国で行った

セミナーの前と後を目を見張るモノがありました。

セミナー後には参加者が、号泣し、抱き合うシーンまで。

ほめて育てることが、まさに人間の心に響く素晴らしい

メソッドであると感じました。

ここ最近では、3冊目の著書も販売され、益々活動的な

2016年となられると思います。

http://spiral-up.jp/book/homeiku.html

さらに日本としても1億総活躍の目玉である

女性活躍支援にも熱心に取組んでいらっしゃり

【ほめ育】では、子育てママの職業にできるプログラムも

開発されています。素敵ですね!

http://spiral-up.jp/seminar/navigator.html

 

 

私もご一緒できるように頑張ってまいります!